2010年12月19日

積読

本が雪崩起こしそうだったので整理してみたらこんなにあった。

books.jpg

ほとんどが文庫本で、ざっと見積もって80冊くらい。
他にも本棚の中と前に多分80冊以上、読んでない文庫本がある。
160冊か・・・。ほとんどが105円以下とはいえ、買い過ぎた。
間違って2冊買ってしまった本もあるし…

読まない時期もあるし、読むのがとても遅いので、数えたことないけど良いペースで行って多分年間10冊くらいだろうと思う。ってことは全部読むのに16年かかるのか(笑)

誰かが、ふと自分のビデオコレクションの総時間数より、自分の平均余命の方が短いことに気が付いてはっとした、という話を聞いた。そこまでじゃないがちょっと焦った。

ややこしいことに、「気になる」「買う」「読む」の最適なタイミングが全部バラバラで、買った本をいつ読むことになるのかわからない。買ったものの10年以上読んでない本があるのはなんという無駄なのだ。でもいつか読むのだ。
posted by AKIRAND at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

KAGEROU騒動。

その内容とは違う理由で話題の齋藤智裕(芸名:水嶋ヒロ)の小説「KAGEROU」ですが、AMAZONが酷いことになってます。

僕はまだ本を手にしていないので、当然ながら内容に関しては何も言えません。


ネットでは賛否両論だって聞いたので、まあそうなるだろうな、と思ってAMAZONを開いて見たら、既に250人を越す感想が載っていることにびっくり!! よく期待値だけで点数付けるひともいるからと思ってさらーっと見てみたらちゃんと感想っぽいものが書いてある様子・・・
さすがに話題性の高い小説だなー、って思っていたら違いました。

高評価の感想が読んでない内容だらけなのです。しかも陰湿な嫌がらせ。

中に詰まってる紙はどう使えばいいのかとか、寒いので燃やしたら暖かかったとか、撃たれたけど本を持ってたおかげで命が助かったとか、翻訳が下手だとか・・・

大喜利と化してます。

タイミングなどから、名前で受賞した出来レースだと思われるのはしょうがないし本人もそれは覚悟してるでしょう。もし出来レースなら許せないことだし腹が立つのもわかります。でも、それは全て現時点では憶測に過ぎないのです。

そして何より、無意味にああいった嫌がらせをしてる人たちがあまりに多い。

インチキだと勝手に決め付けて、まるで正義の使者になったような気になっている。良い話は頭から信じず、裏話的な話が出てきたら鵜呑みにして自分は真実を見極めていると勘違いしている。もしかしたらこういう人たちの中に規制に対して「表現の自由」とか声高に訴える人もいるのかもしれない。
こんなに荒んだ気持ちになるのは久しぶりです。


心が貧し過ぎる・・・・・
posted by AKIRAND at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。