2011年04月02日

迫り来る放射性物質と都知事選挙の恐怖。

今日は久々にちょっと大きい揺れを感じました。一時は収まりつつあった余震も、ここ数日、ちょっと大き目のが頻発している中、原発がとんでもない状態になっていますね。空中飛散は少ないが、海中に垂れ流し状態。
テレビに出続けている(最悪のケースを想定した人たちはテレビに出なくなった)、主に東大の教授たちは、口をそろえて「安全」だと言い張ります。東大医学部潤教授の中川恵一など、言ってることがめちゃくちゃ過ぎて後でチームが訂正するくらい。東大医学部と言えば、放射性物質を中庭に埋めてた人たちですからね…

フリージャーナリストの岩上安身さん(http://iwakamiyasumi.com/)が、連日行われる東京電力や原子力安全・保安院の記者会見を配信してくれてます。
"記者クラブの要望"により、東電と保安院の会見は、同時刻に別室で行われるそうです。時には首相の会見まで同時にやります。しかも、重大な発表はいつも深夜。その内容は生中継はおろか、翌日になってもTVのニュースにほとんど流れません。
さすがにやばいことに気付いたか、隠し通せないことに気付いたか、今日は結構ニュースになってました。平日と休日で違うのかな?


ちょっと心配し過ぎって言われるかもしれませんが、かなり憂鬱です。


外で普通に歩いてる人たちや子供たちを見かけると、ターミネーター2で公園の子供を見かけたサラ・コナーのような心境になってしまいます。
この日常は、もうすぐ終わるかもしれないんだなぁ…と。
子供たちに未来があるのだろうか…と。

そんな中、我々東京都民には、差し迫った重要課題、都知事選挙があります。
震災を"天罰"と言った現職の石原慎太郎は、こんな状況になっている中、堂々と自分は「原発推進論者」であると言い放っています。震災が"我欲に対する天罰"なら彼が無事なことに説明がつきません。
この2つの発言は、原発の是非以前に、こんな時に言ってしまうというところが、空気が読めないのか、それでも受かると馬鹿にしてるのかわかりませんが、実際それでも当選しそうで怖いです。

石原擁護の誰かが、「花見を犠牲にして被災地に都の仮説トイレを全部送ったことを知らせるべき」というようなことを呟いたのを副知事の猪瀬直樹がリツイートしてる。こんなことを誇るほど知事は普段何も役に立ってないのでしょうか。花見なんてものは自粛する必要は全くないが、あくまでも娯楽だ。それを被災者と比べるなんて、どんだけ偉いんだ都民は。


はぁ・・・


暗〜い気持ちでバスに乗り込み、ふと窓の外を見たら、道路にムクドリの首が落ちてました。
posted by AKIRAND at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中川恵一先生「魚を食べても大丈夫」
http://www.youtube.com/watch?v=R5gHts8iKA4
Posted by 越後屋 at 2011年04月10日 14:02
■越後屋さんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。
本来youtubeの動画へのリンクはしないことにしていますが、これは重要なのでこのままにします。
中川恵一東大准教授がテレビに出なくなったのは、さすがに嘘が過ぎたということですかね。
Posted by AKIRAND at 2011年04月10日 14:38
まだ、ありますよ。

諸葛先生「1960年頃の大気中のセシウムの濃度は10000倍高かった」
http://www.youtube.com/watch?v=oH1v1qSgqpU

長瀧重信先生による非常に厳しい基準
http://www.youtube.com/watch?v=7PEXgxctzzI

高田純
http://www.youtube.com/watch?v=t3erSTN2sWQ
Posted by 越後屋 at 2011年04月10日 15:39
■越後屋さんへ
たびたびありがとうございます。
毎日様々な情報、数字が出てくるので、こうやってきちんと比較すると嘘がはっきりしますね。
Posted by AKIRAND at 2011年04月10日 16:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。