2011年04月10日

残念

いろいろ書いたけどもういいや…

初の都知事になるときから凄く嫌いな石原が再選したことが凄く残念ですが、それ以上に、投票率の低さがとても残念です。今回は注目されて投票率結構上がるかと期待したんだけど、57.80%って。残りの40%超の人たちは、なんでこんなに大切な権利を放棄してしまうのでしょうか…。その人たちの選択次第で結果を変えることも出来るのに。

東国原さんが言ってましたが、選挙をやってることを知らない人が多くて驚いたって。
posted by AKIRAND at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
慎太郎ちゃんの絶対得票率(得票数/有権者総数)は、24.9%らしいですが、
選挙に行かなかった42.2%の人も自分たちが止めなければ、
慎太郎ちゃんが再選することは理解していたと思うので、
実質67.1%の支持率ってことですね。

え?選挙やってること知らなかった?
うん、そういう人は慎太郎ちゃんに不満ないんでしょうw
Posted by tiw at 2011年04月11日 13:58
■tiwさんへ
慎太郎ちゃんって!友達?
それはどうですかね〜。実際に聞いた声とか過去の例からすると、「どうせ他の人に投票しても石原になるんでしょ」という考えが多いと思われます。どっちにしても石原が再選すると思い込んでいるのです。それで本当に石原に決まるから「ほらね」と納得してしまっているのです。実際は、棄権者のうち21%が東国原氏に入れたら逆転するし、59%が投票すれば最下位の人だってトップになれるんです。どの選挙もそうですが、投票する気がない人の多くが、自分の一票に意味があることを知らないんだと思います。
Posted by AKIRAND at 2011年04月13日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。