2011年05月11日

とりあえず、東京。

広い範囲で雨が降る中、東京も強い雨が降っております。
放射性物質が一緒に降下してくるので現在の雨は非常に危険です。
一方晴れている日は、砂埃などを吸ってしまうので非常に危険です。

今日の報道では、神奈川県南足柄市産の茶の生葉から、基準値を上回る放射性セシウムが検出されました。南足柄市は、神奈川県西部なので、福島と結ぶと東京を広範囲で通ります。
群馬でも埼玉でも千葉でも様々な基準値超えを果たしていますので、当然のごとく東京でも汚染が広がっているはずです。発表されないだけです、きっと。

先日、東京都足立区の公園のベンチで、1平方センチメートルあたり3ベクレルの放射能を検出したそうです。放射線管理区域での限度が4ベクレルなので、もうそれに近くなっている場所もあるということです。

東京都にいくら要望があっても測定してくれない、あるいは公表してくれないので、地上付近ではどれだけ高い数値になっていることか。

あと、食べ物ですね。生鮮品はやはり近場からが便利なのか、野菜、牛乳、豆腐などは近県産の物が多いですね。政府は「暫定規制値を超えたものは流通していない」の一点張りですが、既に千葉から何度も流通していますし、かなり多くの市区町村で、一度も検査していないことが発覚しています。その後でも、政府は「流通していない」と言い張っています。
つまり、全く信用できないので、出来るだけ口に入れないように気をつけるべきです。偽装されたらもうどうしようもないけどね。僕の独自調査によれば、食品・飲料メーカー各社も、対応にかなりのばらつきがあります。細かく追求したら返事が来ません(苦笑) 今、世界一、食が危険なのは日本です。



しかし、街へ出てもほとんどの人が何も気にせず暮らしているように見えます。



放射性物質は非常に小さいので、普通の花粉用マスクなどではほとんど通過してしまうそうで、少なくともN99レベルのを着けるのがいいのですが、あまり売ってないし高いしあまりに不便だし…なかなか実用的じゃありません。なので、もう空気中から吸引してしまうことは関東にいる以上諦めて、防げるものは防ごうという姿勢でいます。
放射性物質自体はとても小さいのですが、花粉や砂埃に付着するらしいので、それを防ぐには花粉用のマスクでもある程度の効果があります。なので、外に出る時は必ずマスクを装着。忘れてもいいようにカバンの中にも。

もちろん、東京と比べたら福島はもとより茨城、千葉などはさらに酷い数値も出ているのですが、今回は東京に住むものとして、東京の話題に限定いたしました。

東京に来る用事があるという方、しっかり自己防衛をして下さい。

こっちもよろしく→http://200mangaso.cocolog-nifty.com/fksm1gnpt/
posted by AKIRAND at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。