2011年05月30日

飲み物の安全についての印象

全国のみなさん、各地で大雨が降る中いかがお過ごしでしょうか。

東京電力福島第一原発5号機のポンプが停止して一時冷却できない状態に陥っていたり、中部電力浜岡原発が先日停止された際に配管が損傷したっていう話が実は配管が「爆発」していたことが発覚したり、事故を起こしてにっちもさっちも行かなくなってた高速増殖炉もんじゅの復旧工事が始ったりと、全国的に緊張状態の日本ですが、今日は口に入れるもののお話です。

水道水に放射性物質が検出されてから、広範囲に汚染が広がっていることがやっと知らされたようなもので、不安が広がっています。ここのところ、食品メーカーに問い合わせた情報をネットで共有しようという動きが活発化して、色々な情報が手に入るようになった一方、雑に整理されたために発表と違う噂が立ってしまっています。

ただ「安全です」と言われても意味わかんないけど、何がどうなったら安全なのか、というのも曖昧で難しい問題です。国の暫定規制値で安全と思う人もいれば、通常時と同じでないと許せない人もいる。

例えば、ドイツ放射線防護協会がチェルノブイリの経験から導き出した数値が、成人は8Bq/kg以上のセシウム137を含む飲食物を摂取しないことを推奨、となっている一方、日本での野菜の放射性セシウムの規制値は500Bq/kgと実に62.5倍。各国、各団体によって推奨する数値が違うのです。このような事情がありますので、食品を扱う方々には、情報を積極的に開示してもらい、それを知って消費者が各自で判断するというのが、政府が徹底的に管理しない今、現実的なように思います。

僕も情報共有に協力しようと思ってたのですが、不正確な情報が拡散していくのでちょっとためらっています。でも僕の対応を軽く示しておきます。そして、気になった方は各メーカーに問い合わせてください。少人数が問い合わせて情報共有するより不安に思う声を直接メーカーに届けた方がいいと思うので、あえて簡単に抑えます。

複数の飲料メーカーに4月に問い合わせた結果からの僕の安心度。

【安心】
コカコーラ

【やや安心】
ネスレ
サントリー

【心配】
アサヒ
カルピス
JT
伊藤園


あくまでも「僕の印象」なので、これだけで判断せずに、ご自分で確かめてください。

当時と今では対応が変わっているかもしれませんが、僕は【心配】レベルのものと、上記に入ってない国内メーカーのものは基本的に買いません。あとは西日本にしか工場がないとか純水を使っているとか、色々な判断材料がありますが、今回はこんなところで。

しかし・・・今後は缶とかボトルとかに混入するわけだよね、きっと。空気と水が汚染されたらもう防ぎようがないものね。
posted by AKIRAND at 00:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

今年も「おめでとうごさいます。」と言わせて頂きます。

じゃーまたね^^

Posted by ますまろ at 2011年09月11日 23:47
■ますまろさんへ
ありがとうございます。こんな人の誕生日を全く覚えていない奴のためにお手数おかけしました(笑)
今年は震災から半年、脱原発デモ隊が多数逮捕されるという輪をかけて悲しい日になってしまいました。
Posted by AKIRAND at 2011年09月12日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。