2011年09月15日

日本での実験ではヒマワリでの除染効果なし。

かなりのご無沙汰になってしまいました。

原発事故直後から「放射能 ヒマワリ」という検索で多くの人が訪れたこともあって、一応責任として書いておかなきゃならないだろう。

ヒマワリによるセシウム除去実験は成果が出なかったとのことだ。
土壌の状態によって違うだろうから、ヨーロッパと同じ効果があるかは疑問だったらしい。それについての報道で初めて知ったのだが、チェルノブイリにおける成果が出た実験は、水耕栽培だったとか?本当か?それなら粘土質の土壌とはかなり条件が違うだろう。

そういう実験を行っている一方で、各地で下水の汚泥などでせっかく一度手中に収めた放射性物質を、焼却して空中拡散、焼却灰を一部が海に流れ出る前提で海面投棄して海洋拡散するなど、どんどん世界中に広めていこうという動きも活発です。腐葉土などでは沖縄でも汚染されたものが販売されるなど、手を変え品を変え襲ってきます。

今となっては、どうしても拡散してしまうものはやむを得ないが、意図的に再拡散させることはやめましょうよ。

放射性物質をばら撒くと、逮捕されるんだよ。普通は。
posted by AKIRAND at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。