2007年07月06日

タイヨウのはな (2011年3/22 加筆)

はいどうも。記事の下書きは山のようにあるのに、アップに至らないAKIRANDです。なぜだかどうにも上手く書けないので、最近は他のブログへのコメントも極力控えています。人のブログでは、責任取れませんからね。読むだけは読んでますよ。

さて

YUIから貰った種から、各地でひまわりが開花してるようですね。
僕の、良い植える場所がないから駄目元でばら蒔いた種はというと…

・・・・・

駄目元でチャレンジして成功したことが一度もない僕です。
当然と言えば当然の結果。

ごめんなさい。種。


ひまわりは、放射能汚染土壌を浄化する力があります。
みなさん。原爆の恐怖と悲劇の記憶が薄れつつあるこの国には、各地に核施設があり、いつ放射能漏れ事故が起きても不思議じゃありません。頑張ってひまわりを育てましょう。

ん?



◆2007/7/6 21:57 加筆

トラックバックを踏まえて、補足します。

僕がこの、ひまわりの放射能汚染土壌浄化について初めて知った時に聞いたのですが、放射線物質を蓄積したひまわりは、安全に焼却処分出来るそうです。そこが凄いところですね。

こういったことは、様々な物質に対し、それぞれ合った植物で研究されていまして、「ファイトレメディエーション」と呼びます。土壌や空気から汚染物質を除去するだけでなく、最終的に安全に処分するところまで含まれています。

専門知識はないし、今、正確な情報源を見つけることが出来ませんでしたので、これ以上は聞かれても僕には答えられませんし、未だ研究中の技術でして、解明されていない部分が多いらしいです。



◆2011/3/22 加筆

「ある程度だったら焼却し、灰は“放射性廃棄物”と書いてますが」
と、コメントを頂いたので、更に追加します。
福島第一原子力発電所での事故がきっかけで、改めて調べてみたのですが、あまりはっきりと書いてあるページが見つかりません。この記事を書いた時に見つけた情報ソースもどこへ行ったのやら…。
現時点での僕の認識を一応書いておきます。
「ファイトレメディエーション」と一口に言っても、様々なパターンがあり、その中には、土壌から目的の成分を吸収して取り除くところまでで完結するものも含まれる。つまり、分解したり再拡散しない形で焼却したり、ということが出来ないパターンもあるということ。
ひまわりによる、セシウム137とストロンチウム90の吸収は可能。しかしその後の処理については、焼却して放射性廃棄物として埋める(地層処理になるのかな?)などの処理をする、ということなのかな?もう少し調べたいと思います。
posted by AKIRAND at 00:43| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
辛うじて生き続けているどぅ〜です。
駄目元でも…チャレンジすることに意味があるのでは?と自分はそう思いますよ♪

へぇ〜(100円)笑”
ヒマワリにそんな能力があるんですねぇ〜。頑張って育てましょう!!最近じゃあヒマワリの種の油(?)で走るバスもあるみたいですし。
Posted by どぅ〜 at 2007年07月06日 21:11
久しぶりです!
気にせず、どんどん更新してください! コメント残せる時は少ないけど、ちゃんと見てますからね^^
楽しみにしてますよ!

ひまわりって、そんなウルトラハイパーな能力があったんですねぇ、すっごく意外な感じ!
Posted by タラ☆スパ at 2007年07月06日 23:11
■どぅ〜さんへ
辛うじて???どうしたんだ!
チャレンジすることの意味は否定しません。ただ、僕は今までは全部駄目だったという結果があるだけです。いつまで気力が持つか、という問題ですねぇ…
『へぇ〜(100円)』←これ何???
ヒマワリをそんなことに使わなくていい世の中にしたいですけどね。あんまりヒマワリが人間の役に立つと、ハムスターの死活問題ですね。

■タラ☆スパさんへ
お久しぶりです!タラさんとこも読んでますよ!お薦め本とか密かに読もうと思ってたり…
いやー、公開できるレベルに至らないんですよね。自分でOKが出せません!
ウルトラハイパーですか(笑) 多くの植物がなんらかのこのような能力を持ってるらしいですよー
Posted by AKIRAND at 2007年07月06日 23:32
ていうか、放射能に汚染された場所でも植物が育つんだ?
生育途中に異常を起こしたりもしないのかな?
植物ってガンにならないの?ひまわりって遺伝子が特殊なの???

不思議ですね〜・・・!

僕がモスバーガーから”モスの日”に貰ったミニひまわりは発芽する事無く土に還りましたよ・・・
YUIひまわりは勿体無くて植えられなかったの!
まあ、貰ってから3〜4年経ってたから種も死んじゃってたのかな?
Posted by やーは at 2007年07月07日 19:39
■やーはさんへ
そうですね。僕もよくわかりませんが、程度もあるのかもしれませんね。
ひまわりが特殊というより、他にも人間にはとんでもない毒になるものを吸収する植物があるので、特性というようなものじゃないでしょうか。しかし、未だ解明されていないものが僕にわかるはずもなく…
うーん。3〜4年経ってると駄目かもしれませんね。一年草ですから、翌年咲かないと絶えてしまいますからね。まあ、素人意見ですが。今日、例の自転車が生えていた所を通ったら、自転車はおろか、周辺の草まで綺麗に除去されていました。見事なまでに夢は夢に終わりました。もう夢を見るのはやめます…
Posted by AKIRAND at 2007年07月08日 00:04
こんばんは!
ひまわりにそんなチカラがあるのですか…
知りませんでした…
ナウシカに教えてあげなくちゃ…
腐海の植物だけじゃないよって…


…ひまわり…僕のひまわり…アイリメのひまわり……………………

枯れちゃった…


全部枯れちゃった…


一輪も咲く事なく枯れちゃった…


ついでに僕も…


太っちゃった…


Posted by おともだち at 2007年07月08日 22:17
■おともだちさんへ
そうなんです。数年前にテレビで初めて聞いた時にはビックリしました。その後、どこでも一切その話題を聞いたことがないので、何かの間違いかと思って今回調べましたら本当でした(笑)
ナウシカ… そういえば随分前に見ましたが、ストーリーを全く覚えていません。王蟲が妙に印象を残したくらいで…
おともだちさんのひまわり、枯れてしまいましたか…。
なんだかその書き方、詩のようですね。
咲かないうちに枯れてしまったとは、残念です。人間で言えば、独身のまま一生を終えるようなもんですね。そう考えると余計に寂しくなってきました。
ついでにおともだちさんが太ったと…
まさか、植えずに、食…(笑)
Posted by AKIRAND at 2007年07月08日 23:15
ひまわり・・ある程度だったら焼却し、灰は“放射性廃棄物”と書いてますが・・→http://simatomoki.tumblr.com/post/207350443
Posted by かのう at 2011年03月21日 17:05
■かのうさんへ
情報ありがとうございます。
改めて調べてみてるのですが、これが間違いないだろう、というはっきしりたものが未だ見つけられません。更に加筆しておきます。
Posted by AKIRAND at 2011年03月22日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46868872
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

放射能汚染土壌を浄化
Excerpt: ちょっと気になったので… <font color=orange size=2><b>ヒマワリがセシウム137を根に、ストロンチウム90を花に蓄積することをつきとめた。 ..
Weblog: TIW'S
Tracked: 2007-07-06 18:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。