2010年12月19日

積読

本が雪崩起こしそうだったので整理してみたらこんなにあった。

books.jpg

ほとんどが文庫本で、ざっと見積もって80冊くらい。
他にも本棚の中と前に多分80冊以上、読んでない文庫本がある。
160冊か・・・。ほとんどが105円以下とはいえ、買い過ぎた。
間違って2冊買ってしまった本もあるし…

読まない時期もあるし、読むのがとても遅いので、数えたことないけど良いペースで行って多分年間10冊くらいだろうと思う。ってことは全部読むのに16年かかるのか(笑)

誰かが、ふと自分のビデオコレクションの総時間数より、自分の平均余命の方が短いことに気が付いてはっとした、という話を聞いた。そこまでじゃないがちょっと焦った。

ややこしいことに、「気になる」「買う」「読む」の最適なタイミングが全部バラバラで、買った本をいつ読むことになるのかわからない。買ったものの10年以上読んでない本があるのはなんという無駄なのだ。でもいつか読むのだ。
posted by AKIRAND at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

KAGEROU騒動。

その内容とは違う理由で話題の齋藤智裕(芸名:水嶋ヒロ)の小説「KAGEROU」ですが、AMAZONが酷いことになってます。

僕はまだ本を手にしていないので、当然ながら内容に関しては何も言えません。


ネットでは賛否両論だって聞いたので、まあそうなるだろうな、と思ってAMAZONを開いて見たら、既に250人を越す感想が載っていることにびっくり!! よく期待値だけで点数付けるひともいるからと思ってさらーっと見てみたらちゃんと感想っぽいものが書いてある様子・・・
さすがに話題性の高い小説だなー、って思っていたら違いました。

高評価の感想が読んでない内容だらけなのです。しかも陰湿な嫌がらせ。

中に詰まってる紙はどう使えばいいのかとか、寒いので燃やしたら暖かかったとか、撃たれたけど本を持ってたおかげで命が助かったとか、翻訳が下手だとか・・・

大喜利と化してます。

タイミングなどから、名前で受賞した出来レースだと思われるのはしょうがないし本人もそれは覚悟してるでしょう。もし出来レースなら許せないことだし腹が立つのもわかります。でも、それは全て現時点では憶測に過ぎないのです。

そして何より、無意味にああいった嫌がらせをしてる人たちがあまりに多い。

インチキだと勝手に決め付けて、まるで正義の使者になったような気になっている。良い話は頭から信じず、裏話的な話が出てきたら鵜呑みにして自分は真実を見極めていると勘違いしている。もしかしたらこういう人たちの中に規制に対して「表現の自由」とか声高に訴える人もいるのかもしれない。
こんなに荒んだ気持ちになるのは久しぶりです。


心が貧し過ぎる・・・・・
posted by AKIRAND at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

お久しぶりです。

ついうっかり3ヶ月も間が空いてしまいました。
mixiとかTwitterとかやってましたけど、mixiは先日辞めました。ついつい無駄に時間使ってしまうし、携帯使わないといけない場面も増えたし、mixiだけの知り合いもいないし。
Twitterは、また違う設定でやってるので、知り合いには教えてません。

いやー、それにしても書くことがなくて、下手するとブログ消されるんじゃないかと心配です。
なんか、素敵な音楽でもないですかねぇ…


そういえば最近ちょっと話題(?)のこれ、知ってますか?
『J-POPジェネレータ』 http://jpop.mbtl.net/
このページにアクセスするだけで、女性J-POP歌手用の歌詞が自動生成されるんです。
是非、一度試してみてください!
posted by AKIRAND at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

学校で習う歌

ふと、昔学校で習った「ドミニク」という歌を思い出した。
ドミニークニクニクってやつ。

そういや、ドミニクってなんだろう。
人の名前だろうけど、"ドミニクニクニク"って、"みっちゃんみちみち"みたいじゃないか。

そしてその歌詞は、まるで賛美歌?というか聖書のような内容…

というわけで、軽く調べてみた。

ベルギーのドミニコ教会のシスターが聖ドミニコを讃えて歌ったもの。それがなにやら話題になって世界的大ヒットに繋がるらしいが、細かい経緯はこのシスターのことを描いた映画が公開中という、たまたま絶妙なタイミングだったので下記サイトを参照。
http://www.cetera.co.jp/dominique/

小学生の頃は、意味もわからず何の疑問ももたずにこの歌を歌い、ああ、なんかいいことをした人の歌なんだなぁ、という程度の認識でした。



さて、ついでに思い出した「ドナドナ」
こちらは、今では会話に使われるくらい浸透した言葉ですが、売られていく子牛の歌でしたね。

こちらも、軽く調べてみると、諸説あるようですが、さらわれていくユダヤ人の子供のことを表している、というのが有力なようです。
これも小学生当時は、物語は理解できるが、"ドナドナ"ってなんだろう、という程度の認識でした。



宗教色の全くない公立小学校で、「ドミニク」なんてバリバリの宗教曲とも言いたくなる曲を歌うことにも疑問だけど、このような歌を色々と教えながらも、その意味は全く教えてくれない。
全学年の最終ページに必ず掲載されていた"あの曲"の歌詞の意味すら、教えてくれない。

多分、小学生では理解できないだろうから、ということではないだろうね。
学校って、わけもわからず、何やらされるかわかんないよね。
posted by AKIRAND at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

消費税と混迷

僕がまだ社会的に中途半端な子供だった頃、日本では始めての消費税(3%)が導入され、子供でも日々意識せざるを得ない税金に凄く嫌な気持ちになった記憶があります。

最近テレビで頻繁に「消費税の逆進性」ということが語られていますね。

購入金額に応じてかかる税なので一見平等に見えるけど、収入の格差は関係ないので実は平等じゃない。
例えば、年収3億円の人でも、年収200万に満たない人でも、100円の買物をすれば今なら5円税金がとられる。収入に対する税金の"割合"が、貧乏人の方が高くなる、ということですね。

しかし今までこの「逆進性」ということはあまり語られてこなかったと思います。

政治家や評論家が討論する中で発言することはあったけど、番組内でボードを作って解説したりするのは僕は見たことがない。

消費税が初めて導入された時も、平等な税だと主張する番組もあったし、5%になった時も、こういう観点で作られた番組はなかったように思う。実際、平等だと信じ込んでる国民が多かったのではないかと思います。

しかしテレビは、10%にあがったら逆進性がさらに広がって、より低所得者が苦しくなると今になって急に主張し出す。

それはやっぱり、政権交代したからなのか?





そんな中、明日は投票日ですね。

民主党が過半数を割ると【政治の混迷が心配される】というような報道を見かけます。


おいおい、ちょっと待て。


日本は、議会制民主主義じゃなかったっけ?

様々な思想・意見を持った国民が投票によって選んだ人物が、代わりに国会で議論を交わし、様々なことを決めていくものですよね。


話し合って決める。これが本来の形。


長年、自民党が公明党を中心とする野党と連立を組んで、無理矢理過半数を取るようにしてきたから、それが当たり前になってしまい、民主党も同じことをしてるけど、それが正しいやり方みたいな言い方じゃないか。なんでも強行採決で決めてしまっていいのか?


今、20代の人なんかは、もしかしたら与党連立過半数の時代しか知らないのでは?
posted by AKIRAND at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

迷惑と気持ち悪いもの。たぶん。

あぁもう…
面倒くさいから迷惑(エロ)コメントやめてくれないかなぁ…
認証制にしてるんだから、表示されるわけないじゃん!

最近、大阪のinfowebからの迷惑コメントが急増してるのですが、infowebってもう@niftyに変わってますよね。使われなくなったIPを迷惑業者さんに売っているのかしら。


さて、サッカーW杯が行われておりますが、ここ数年、日本代表には何の希望も抱いていないし、今回は全部ボロ負けしてほしいくらいの気持ちでいるので、今日はオランダを応援していました。
ああ、明日になったら「惜敗」とか「善戦」とか言って慰めあうんだろうな…と思うと気持ち悪くて今から吐き気がしてきそうです。
一応、日本のサッカー界を代表する人たちのプレーに対して、なんで素人の我々がフォローしなきゃならんのだ。立場が逆だろう!


さて、気持ち悪いと言えば、YUIの「たぶん」もそうですね。

いつか誰か、YUIを好きな人が感想を書いてくれると思って待っているのですが…
posted by AKIRAND at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

鎌鼬?

いくら持ち歩くからといって、普通イヤホンって、こういう切れ方しないよなぁ…

earphone.jpg

しかもいつの間にか。

内部は全く損傷ないので、普通に聴けますが、
耳のすぐ下なので、チクチクします。
posted by AKIRAND at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

職質レポート

今回は、記録のために記事にします。

またもや人通りの多い中で警官に捕まりました。

考えてみれば、手帳を見せもしないし警察だという発言もなかったので、もしかしたら警察っぽい服を着ただけの人だったかもしれなかったので、貴重品を盗まれなくてよかったと思います。

めずらしく比較的丁寧な話し方だったので色々聞いてみました。

いきなり「最近リュックを持ってる人がサバイバルナイフを入れていることがありまして…云々」と来た。

リュックを持っていると職質されるという噂は本当でした。

できたら法律を盾に権利を守りたいところですが、やっぱり奴ら怖いんで。拒否るとワラワラと大勢集まってきて取り囲んだり交番に拉致られるって聞くし。彼らには、正当な理由があっても職質をかける権利が生じるだけで、こっちには応じる義務は全くないのですけどね。それ以前に、ごく平凡な服装で、商店街をただ歩いている人を止めるのことに正当な理由などありえませんが。

見られて恥ずかしいものはあってもヤバイものは持っていないので、別に慌てることなく応じたのですが、やることは無茶苦茶です。名前を言わされ、貴重品や財布の中身まで調べられ、免許証を確認され、ポケットを調べられ…

基準が間違ってないか?ということを伝えたかったので、リュックは物をさっと取り出しにくいものだとか、僕が以前捕まった直後に同じ通りで発砲事件があったことや、リュックはありふれた形の鞄であることや、色々言ってみましたが、どうせ聞いてないでしょう。
試しに、しょっちゅう声掛けられて困ってるんですけど、リュックをやめればいいんですか?と聞いてみたら、それは一つの理由だけどそれだけじゃないので…と言われました。当たり前だけど。

つまり、どっちかと言うと、リュックの話題から入ったのは、あくまでリュック防犯強化してるという言い訳で棘が立たないようにする狙いという感じでした。

いつ職質されるかとビクビクしてるので、警官を見かけるとつい見てしまうんですよね。多分ですけど、それで目が合った時に声かけられてるような気がします。

本当に街に出るのが嫌になりますよ。

人間不信や引きこもりになった人の原因を調べてみたところ、警官による度重なる不当な職質に遭い、外に出るのが怖くなった、という人がかなりの数いたという話を聞いたことはありませんか?
僕は聞いたことないんですけど、実際はいるかもしれないと思います。

今度はもうちょっとちゃんと対応したい。
posted by AKIRAND at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

つぶやきの集合体

部屋に巣食う大量の古紙を処分すべく整理しながら、ちょいちょい中身を確認してて思ったのですが、YUIって本当に美人ですよね。良い写真がいっぱいあるから、全部集めたらかなり水準の高い写真集になるのではなかろうか。彼女がアイドルだったら買うかも。どんな歌を歌ってても。

あと、充実感に溢れていて楽しそうでした。
僕の所有しているのは、全部2008年以前の物ですが。

しっかし…いつもいつも…こういう無駄なことをしてるよな。まあ、結果的にということなのでしょうがないのだが、雑誌を買っては捨て、買っては捨て、ろくに読んでない物も多数。買ったら安心しちゃうんだよね。捨てはしないけど読んでない本も山のようだ。


ところで、MARIさんのブログがなくなっちゃいましたね。日々チェックしてたので、終了の挨拶は読んだのですが、コメント欄もなかったし。体調が優れないとのことですが、詳細は知りません。
以前は僕も40以上のブログを自動巡回してましたが、閉鎖や更新停止、僕の気分などで、今やほとんど読んでいませんねぇ。コンスタントに更新されてるのはTIWさんのところくらい?まとめさんのとこも情報はフォローしてるけど、もはやまとめるほど情報が散乱していないし。

2ヶ月近くも飲み続けてる咳止めの薬をうっかり飲み忘れると何故か意識が朦朧としてくる、AKIRANDでした。

今回の記事は小ネタばかりでまとめられなかったけど、こういうのは例の場所でつぶやくといいのかな?
posted by AKIRAND at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

10

数日前のことです。
もうみんな寝たし、そろそろ寝るかなー、なんて思って横になりかけた時、外で "パーンパーン" という激しい音が…

なんだなんだ。こんな夜中に花火か?迷惑な…

と思ったら年が明けてました。

そんなわけで、喪中に付き新年のご挨拶をご遠慮致します。

in mourning.jpg


さて、早くも2011年が刻一刻と迫っておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今年は我が家で風邪が大流行。
僅かな新年イベントも中止にせざるを得ませんでした。


そんな幸先悪い状況ですが、ブログはまだ無意味に維持します。

おやすみなさい。
posted by AKIRAND at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

寒いねぇ…

例年通り、この時期は気分が悪くなりますが、回避は出来ないのでむしろ徹底的にひねくれてやろうと思います。ひねくれ道をまっすぐ貫こう!

なんかめちゃくちゃですが。

さて、今日はクリスマス・イブですね。
近所の家でもキチガイ沙汰のイルミネーションをやってて、我が家も夜になると隣の家のせいで窓が真っ青になります。

クリスマスから年末にかけて自殺者が最も増える、という説もありますが、国や時代によってもいろいろあるようですし、データを紐解いて調査する気にもならないので真偽の程は置いときます。しかし、こういうことが言われるのは、やはり「クリスマスはみんなが幸せ」という盲目的とも狂信的とも言えるお祭り騒ぎに苦しめられている人も多いのだろうと想像出来ます。

イルミネーションを見て楽しい気持ちになっている人たちは、その気持ちと経済効果というまやかしは、自殺者を含む多くの苦しむ人、無駄な電気、短期間に消費される資源、虐待される植物などの犠牲によって成り立っているということを自覚してほしいものです。

そして、もしかしたら寂しく過ごしている人が、たった一人でも連絡が来たことで元気になる、ということもあるかもしれません。ちょっとでも思い出す人がいたら連絡をとってみるというのもいいかもしれません。それでも自殺してしまう人がいたらもうそれはしょうがないですね。クリスマスの暴力は、それだけ強力だということです。


mirror.jpg
誰か、アトピーのいい治療法を教えてください。
posted by AKIRAND at 13:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

謎の痒み

今、背中のある一点が痒くてポコッと膨れてます。

もう何年も前からで不思議に思ってるのですが、この全く同じ一点が、季節を問わず不定期に痒くなるんですよね。あ、他にも何箇所かあるのですが。

虫刺されならそんなに同じ場所ばかりになるわけないし、何かが触れてアレルギーというならもっと広範囲になるはずだし…

見えない場所なので、手探りで痒み止めを塗ってしばらくすると忘れてしまう。そして、またいつか痒くなる。

なんだろう
posted by AKIRAND at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

承認後表示

最近迷惑コメントに対処するのが大変なので、「承認後表示」に変更いたしました。
ちゃんと書けたか確認できないので、こうしたくはなかったのですが、最近、記事の更新が少ないせいか、迷惑コメントが急に増えたので、やむをえず。

しかし、見ず知らずの人が語る、エロ系の美味しい話に食いつく人がいるとは思えんが、昔からよくあるってことは、少しは効果があるんでしょうね。

ところで、必ず"IPひろば"ってとこで出所を調べて、迷惑コメントとして報告しているのだが、過去に報告したものを再度調べてみても、どれもこれも「問題ありません」と出るのだが、あの報告には何の意味もないってことかい?
大半が大阪府なので、有名な知事にお願いすればいい?
posted by AKIRAND at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

またもや

また職務質問されたー
繁華街でパッと見100人以上歩いてる中、白羽の矢が立ちました(涙)

さて、これまでの僕の経験から、職質されないための方法を導いてみました。
つまりは、今までと全く逆のことをすればいいのです。


服装は、出来るだけ黒いものを着用。
カバンは持たないか、アタッシェケースなどが良い。
出歩くのは、夜から朝までの暗い時間帯。
人も車もあまり通らず、灯りもない一本道が安全。
刃物の所持は関係ない。僕は刃物(小さなカッターや万能ツール等)を所持してる時に職質されたことは一度もありません。


ところで、デイバッグを持ってる人を狙って職質しているらしい、という噂があるのですが、確かに僕の前に捕まってた人もデイバッグでした。デイバッグを持っている人は刃物を隠し持っている可能性が高いとでも言うのでしょうか。
僕は諸事情あって長年デイバッグを使っていますが、実はあまり好きじゃありません。なぜなら物の出し入れが面倒だからです。あんなに出し入れに手間がかかり、しかもありふれたものを、警察が犯罪者の証と決め付けるなんてことがあるのでしょうか。

警察さん。僕なんか捕まえてる間に、拳銃持ってる人がうろついてますよ。

ほら、発砲事件がまた…
posted by AKIRAND at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

不審な男

どういうわけか、僕は知らない人によく声をかけられます。

勧誘やアンケートに目を付けられ、遠くから人混みを掻き分けて僕のところへ来たり、ラッシュ時に小走りでバス停に向かっているのに宗教の勧誘されたり。どう見てもヒマじゃないだろう。
道もよく聞かれます。電車でも道でも、家の近所でも、僕自身が迷っている時でも、日本人にも外国人にも聞かれます。サイレン鳴らしてる救急車に病院を聞かれた時は焦りました。
ちなみに逆ナン(笑)も2回。突然見ず知らずの女性に、カラオケとか食事に誘われて行ってしまうほど身の程知らずではありません。何か売りつけられるか美人局に違いありません。

更に、不審者扱いもよくされます。
気ままに歩いているだけなのに、地域住民に「何ですか?」とか「そこで何してるんですか?」とか言われます。突然舌打ちして睨まれたりすることもしばしば。周囲の景色や人を見るのが好きなので、キョロキョロしてるのがいけないのかもしれません。



先日、近所のとある店に行った時のことです。
駐輪場に気付かず、店の前の駐輪禁止の表示がない歩道に自転車を停め、店内を20分ほど見て出てきたら、自転車がなくなってました。

おや?

と思った瞬間目に入ってきた、挙動不審の男。
年齢、服装、体格、態度、目つき、どう見ても堅気とは思えない雰囲気。
あたりをキョロキョロ、人目を窺いながら自転車を物色している。
手には電話とメモ帳らしき物。

うーん…

駐輪禁止の表示があっても数日撤去されないような地域なんで、そこいらにあるはずだが、うろついてる不審な男に関わりたくないと思い、一旦その場を離れました。
他の用事を済ませ、数分後に再び現場を窺うと、例の男は見えなかったので、自転車を探しに向かう。その途中、通常ありえない場所に停車している黒い車が…。乗っているのはどうやらさっきの男とその一味。幸いそのまま車は去ったので、これで自転車が無事見つかればそのまま帰れるわー、とひと安心。
自転車は、やはり駐輪場に入れられていました。最初からここに停めればよかったのねー、なんてことを思いながら、帰路につきました。

寄る所があったので、最短距離の道を選ばなかったのが運の尽き。

いつものように、周囲の看板などを眺めながら走っていると、道端から怪しい男が2人現れ、僕の自転車の進路を妨害し、止めるよう促す。

なんだなんだ?

また何か変なものに止められたかと思ったら、その男の手には警察手帳。
ある意味一番厄介な相手だ。
本物の警察手帳がどういう物かよく知らないので、手帳を見せられたところで何の証明にもならないのだが、まあ本物の警察だということにしておこう。この威圧感は逆らわない方が良い。

警察(以下…犬)「キョロキョロしてたけど、何か探してます?」
僕「いや別に。家に帰るところですけど」
犬「家はどこ?」
僕「○○です」
犬「○○?逆方向じゃない」
僕「ちょっとこっちに寄ろうと思って」

寄り道したばっかりにこんなことに…

よく見れば、この男達は、さっきのお店の前にいた不審人物じゃないか!
そうか、店の前から僕に目を付けていたのか。確かに僕も挙動不審だっただろうさ。
不審な男を怪しんで避けた行動が不審に映ったのだ(苦笑)

犬「その自転車、あなたの?」
僕「はい」
犬「施錠がないですよね」
僕「これです」
  と籠の中のキーチェーンを出す。
犬「鍵付いてないの?」
僕「壊れたんで外しました」

厳密には、何者かに壊されたので、やっぱり本体に付いてるやつは信用ならないと、キーチェーンに変えたのだが、余計なことは言うことすら思いつかないので簡潔に話すしかない。

その間、もう一人の男に免許書を確認され、照会して盗難車でないことを証明。

今度はカバンに目を付けられた。
どこといって特徴のないデイバッグだが。

犬「カバンの中、見せてもらえます?」
僕「え?」
犬「最近ね、下着泥棒とか、刃物持ってるとかそういうのがあるから…」

そんなの理由になるかい!内心、自転車の疑惑晴れただろー、って思ってたが、下手に喧嘩しても得はないし、幸い盗んだ下着も刃物も入れた覚えがないので易々と応じる。
バッグの中の2つの小さなバッグの中も見られる。通常赤の他人に見せるべきでない貴重品と常備薬。小箱に入れたサプリを怪しまれる。バッグのポケットも見られる。収納上の理由で柄を外してある折り畳み傘を見て怪しまれる。とにかく、すみからすみまで見られる。

結局、決定的な問題がなく、そのまま開放された。

超気弱なので、とにかくトラブルは嫌で逃げ出したい気持ちばかり焦り、されるがままにしてしまうのだが、後で色々気になってきます。


【警察官職務執行法】
第二条  警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又は既に行われた犯罪について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知つていると認められる者を停止させて質問することができる。



こんな法律があったのね。
例によって、法律って大雑把な表現しかないので、これだけで合法・違法の判断はできない。
不審な男(警察)がいたので、一旦その場を離れて自転車の行方を捜してた僕がつまり「何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者」だったということになる。マッチポンプに近いぞ。

それにしても僕の自転車はどうしていつも盗難車扱いなのだ。身体に合わせて標準より大き目のを買ったというのに。盗まれにくそうな鍵を付けて自分で修理しながら大事に使っているというのに。防犯に気を使うことで疑われるなんて、悲しくなってきます。盗難車じゃないかって声をかけられたのはこれで3回目。1回目なんか小学生の頃ですよ。
警察にまでよく声をかけられるって、いったい僕はどんな顔してんだ?


しかし…、僕は、勧誘には乗らないし、宗教にも入らないし、道にも電車にも弱いし、日本語しか喋れないし、逆ナンは有り得ないと硬く信じてるし、自転車は盗まないし、犯罪の準備もしてない。


僕に声をかける人たちは皆、見当違いなのである。
posted by AKIRAND at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

廃物利用

目を離した隙にブログも色々仕様変更したようで、更新が滞ると広告が表示されるようになってしまいましたね。消せるらしいけど、面倒なのでこのままでいいや。

えーと、自室のとある一角を久々に本格的に掃除してるのですが、かつて要るものとして分類していた山の中に要らなくなったものがいっぱいありました。雑誌なんかはそういうことってよくあることだと思います。

売っても大した金額にならないし、資源ごみに出してもいいけどなんか綺麗でもったいない。誰か欲しい人がいたらあげるんだけどな…

というわけで、例えばYUI関連の雑誌やフリーペーパーなどで、欲しいけど手に入らなかったものなどがあれば、あげてしまおうかと思ったのですが、いくら信用性を主張しても何の意味もない媒体を通じて個人情報を悪用される危険を冒してまでも欲しいものがある人なんていますかね(笑)

要望があれば、リストアップしますよ。
なければ、価値あるものに生まれ変わることを期待しつつ、資源ごみ。
posted by AKIRAND at 23:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

against

YUIが活動再開するそうですね。

正式には、「公の活動を再開」になりますが。


休止したのは、ファンクラブ、FCツアー、取材、テレビ出演、等のファンサービス及びプロモーションでした。カップリングじゃないのにカップリング集に収録された1曲以外は、新曲もライブもないので、プロモーション活動はなくてあたりまえですが。

リフレッシュ期間中は、まるで何事もなかったかのように日記を頻繁に更新し、YUIラヂオでは、スタジオは大変盛り上がってる様子。決して、音楽とは離れず、スタジオに顔を出し、スタッフと食事や旅行、曲作りや楽曲提供と、とても精力的に交流している。
音楽とも身近なスタッフとも距離を置きたいとは思わなかったように思えます。

そして、彼女は活動休止に関して、
衝撃を受け、心配するファンに向けて、自分の言葉を未だ伝えていません。
"礼儀正しく誠実"という印象で捉えられている彼女がです。

そんな様子をよく見ていると思われる通称ファンの中には、
彼女を苦しめたのも、納得のいかない対応も、アーティストを食い物にする儲け主義のスタッフ(上層部や外部も含む)のせいだと思っている方も沢山いるようで。

間際に迫り概要も決まっていたと思われるライブを中止させ、FCも休止させ、経済的な損失も、ファンからの批判も受けながら、アーティストの意向を尊重したスタッフ(と僕は思っている)を批判する声が多々あります。

「ファン(リスナー)は常にアーティストの味方で、応援すれば喜んでもらえるに決まってる」
「そんな我々(アーティストとファン)の邪魔をする奴らは、悪い奴らだ」
「金払ってるんだから、満足行くサービスを要求するのは当然だ」
なんて考えてる人も中にはいるかもしれません。


多くの大物アーティストが、こういった"壁"について後に語ることがあります。
知名度が上がるということは、ある意味ブランド化であり、どんどん増えていくファンは名前と実績と評判だけを見ているのか、顔が見えなくなる。出来上がってしまったイメージと自分とのギャップに悩むなんて話、ざらにあります。アーティストが勝手にそう感じてしまってるだけという場合もあるかもしれませんが…


通称ファンの方々は、今まさに、
次のYUIの新曲をどのように絶賛しようかと、胸を躍らせていることでしょう。

「もう一度、やってみよう!!」

そんな歌を歌う彼女があなた方の前からもう一度姿を消すことのないよう、皆さん頑張って下さいね。



我ながら、愛のない文章だこと。





最後に、こういう面倒な話をする僕のような人間は、自分の意見に都合の良いデータだけを取り上げて、それしかない決定的なこととして語ることが多々ありますので、読む人は騙されないよう、自分の目で見極めて下さい。

今回の騒動に対してスタッフに責任がないとは思いません。でも、ファンを軽視してるとか、悪質だとか、そういうのとは違うと思っています。単に、色んなところが至らなかっただけだと。

"頭の良い"人たちは、能力の低い人がいることを想像できない。頭ではわかってるけど、自分にとって当然であり簡単なことをやってない人を見ると、考えが浅かったりやり方が間違っていたかもしれないという可能性をあっさり捨て、計算して悪質なことをしていると決め付ける、ということがよくあります。
そういうのって本当に困るんですよね。
何を言っても「言い訳」って言われちゃうから。
話にならない。
posted by AKIRAND at 19:52| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

無趣味

昨年までは、ネタがなくても毎月更新という無茶な取り決めをしてたので、本当に困ったときは、写真だけの記事をあげたりして誤魔化してました(笑)

しかし、最近急に自分の写真がとてつもなくつまらなく見えて、どんどん写真を撮る意欲が落ちていき、より手軽な携帯で撮ったりしてたら携帯のカメラ機能が壊れてしまい、より写真から気持ちが離れることに。
18才から写真で遊び始めて、今まで飽きることのなかった珍しい趣味だったので、ちょっと悲しいですねぇ…




と、初期の凄く楽しかった頃の写真を見てみる。




analog.jpg
posted by AKIRAND at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

かつて、日本テレビ系列で「特命リサーチ200X」という僕の大好きな番組が放送されていましたが、今年は200X年最後の年ですね。年内に特番ないかな。199X年に地球は核の炎に包まれなかったけど。
今年は、ブログを始める時に決めて今まで守ってきた方針を一つ変えることにしました。それに伴い、初期と比べて極端に落ちてきた更新頻度が、より一層落ちることになりそうですが、口が消えない程度に生存確認の如く続いていきます。

【たとえばの話 / BONNIE PINK】

ボニー・ピンクの中で僕が一番好きな曲。
まだ髪がピンクで、トーレ・ヨハンソンのプロデュースで、スウェーデンの田舎にあるスタジオで雨漏りを洗面器で受けながらレコーディングしていた時代に、おそらく純和製で異彩を放つ一曲。英語を使わず、力を抜いた歌い方、妙な歌詞がとっても素敵。映画の主題歌で、シングル発売はなく、サントラとベスト盤にしか収録されていない。知名度をグングン上げていた当時のその他の曲とは全く違うテイストでありながら、この曲が一番好き、というファンが結構いるのも面白い。
posted by AKIRAND at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

狂乱

どうも年末、特に大晦日のテレビが好きじゃないなぁ…。特に音楽関係がここ数年凄くつまらないなー、と今年は思いました。流行るものと自分の好みが合ってないみたいですねー。きっともう年なんだな!

さて、自分の事情とは無関係に勝手な節目に踊らされるのは腹立たしいことこの上ないのですが、さすがに年末は嫌でもそんなことを考えさせられます。


今年僕が最も楽しんだアーティストは総合的に見て、ベタですが過去記事にも書いた Perfume が妥当な所だと思います。

一方、曲単位で最も気に入ったのは、これです。

『超妻賢母宣言』 / MOSAIC.WAV

TVアニメ「狂乱家族日記」OPテーマ。
http://www.kyouran.jp/pc/index.html
ちょっと前まで、深夜アニメにはとても疎くて、めったに見ることがなかったのですが、色々なきっかけがあって最近は結構見てます。おかげで、ほぼノーマークだった音楽と出会えました。
以前、コメントでどなたかが教えてくれた「もってけ!セーラーふく」も衝撃的に面白いし、ひょんなことから知った「ハレ晴レユカイ」もアレンジも含めてとても気持ち良くて大好きです。しかし、どちらも放送終了後に知って、アニメ本編を1回も見ていないので、番組テーマとしてどうなのかは全くわかりません。
この「超妻賢母宣言」は、物語とキャラクターの要素を凝縮したような出来でテーマソングとして完璧。しかも曲を構成する全ての要素が僕にはとっても気持ちよくて大好きです。

それにしても深夜アニメというものは、DVDを売るための箔を付けるためにテレビ放送しているのか、それとも販売を見込まないと制作予算が組めないのか、追いかけるには辛いものがありますね。この作品も、EDテーマが8種類あり、日替わりでランダムに放送されたのですが、その全てがそれぞれシングルとしてリリースされています。初回限定盤EDテーマ1800円×8枚+OPテーマ1200円=15600円と、主題歌を集めるだけでこんな金額に。加えてドラマCDやDVDを買ったりしたら、とんでもないことに。僕は全然揃える気がないのでいいんですけど、踏み入れるとちょっと怖い世界だと思えてしまいます。


それでは、なんとも妙な感じの大晦日更新でございますが、年末の挨拶はノーコメントで。
posted by AKIRAND at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。