2011年05月14日

福島の子供を救え!

子供は放射線の悪影響が出やすいというのに、本来大人でも許されない汚染地域で今も学校に通っています。政府はおろか、県も子供を殺してお金を儲けようという人たちなので、全く助けようという気がありません。
そんな中、県民もすっかり騙されて安全だと思い込んでる人と、避難したいけど出来ない人とが闘っています。
なんかもう自分のことは半ば諦めてますが、こんな状況許されません。


文科省は、大人より子供の方が放射線の感受性が高いのは知っているが、大人と子供の基準値は同じでいい、と言っています。


このブログは比較的沢山の人に開いていただいていますので、少しでも貢献できるかも、と思って以下のリンクを載せます。知恵を募集していますので、何かありましたらご協力願います。他にもいっぱいこんなページがありますが、とりあえずこれで。


避難応援プロジェクト
http://hinan-ouen.seesaa.net/

PORTAL311
http://portal311.jimdo.com/

オペレーション・コドモタチ
http://ameblo.jp/opchild/

子どもたちを放射能から守る 福島ネットワーク
http://kofdomofukushima.at.webry.info/

福島の子供と未来を守る会議〜FUKUSHIMA mothers meeting 〜
http://blog.goo.ne.jp/shinobu410hikari
posted by AKIRAND at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

とりあえず、東京。

広い範囲で雨が降る中、東京も強い雨が降っております。
放射性物質が一緒に降下してくるので現在の雨は非常に危険です。
一方晴れている日は、砂埃などを吸ってしまうので非常に危険です。

今日の報道では、神奈川県南足柄市産の茶の生葉から、基準値を上回る放射性セシウムが検出されました。南足柄市は、神奈川県西部なので、福島と結ぶと東京を広範囲で通ります。
群馬でも埼玉でも千葉でも様々な基準値超えを果たしていますので、当然のごとく東京でも汚染が広がっているはずです。発表されないだけです、きっと。

先日、東京都足立区の公園のベンチで、1平方センチメートルあたり3ベクレルの放射能を検出したそうです。放射線管理区域での限度が4ベクレルなので、もうそれに近くなっている場所もあるということです。

東京都にいくら要望があっても測定してくれない、あるいは公表してくれないので、地上付近ではどれだけ高い数値になっていることか。

あと、食べ物ですね。生鮮品はやはり近場からが便利なのか、野菜、牛乳、豆腐などは近県産の物が多いですね。政府は「暫定規制値を超えたものは流通していない」の一点張りですが、既に千葉から何度も流通していますし、かなり多くの市区町村で、一度も検査していないことが発覚しています。その後でも、政府は「流通していない」と言い張っています。
つまり、全く信用できないので、出来るだけ口に入れないように気をつけるべきです。偽装されたらもうどうしようもないけどね。僕の独自調査によれば、食品・飲料メーカー各社も、対応にかなりのばらつきがあります。細かく追求したら返事が来ません(苦笑) 今、世界一、食が危険なのは日本です。



しかし、街へ出てもほとんどの人が何も気にせず暮らしているように見えます。



放射性物質は非常に小さいので、普通の花粉用マスクなどではほとんど通過してしまうそうで、少なくともN99レベルのを着けるのがいいのですが、あまり売ってないし高いしあまりに不便だし…なかなか実用的じゃありません。なので、もう空気中から吸引してしまうことは関東にいる以上諦めて、防げるものは防ごうという姿勢でいます。
放射性物質自体はとても小さいのですが、花粉や砂埃に付着するらしいので、それを防ぐには花粉用のマスクでもある程度の効果があります。なので、外に出る時は必ずマスクを装着。忘れてもいいようにカバンの中にも。

もちろん、東京と比べたら福島はもとより茨城、千葉などはさらに酷い数値も出ているのですが、今回は東京に住むものとして、東京の話題に限定いたしました。

東京に来る用事があるという方、しっかり自己防衛をして下さい。

こっちもよろしく→http://200mangaso.cocolog-nifty.com/fksm1gnpt/
posted by AKIRAND at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

夏の昼間にぬるい水

「軒並み自販機が並んでいるバカな国は、世界中にない。便利かもしれないが自分の家で冷やせばよい」

石原慎太郎は何かって言うと「こんなの日本だけだ」と言うけど、日本人がその言葉に弱いことを知ってて言っているのだろう。
確かに自販機の充実ぶりは日本の特徴的な文化だ。しかしそれは治安が良いことも理由の一つで、アメリカなんかは外に置いておくとあっというまに盗まれるから屋内にしかない、と聞いたことがある。

で、彼のその発言のせいだろうけど、都議会で民主党が提出する清涼飲料水の自販機に関する条例案が発表された。

自販機は以前から節電に取り組んでいて、7月〜9月には電力量に余裕のある午前中にしっかり冷却し、ピーク時の午後1時から4時までは冷却を止めるという仕組みに16年前からなっているが、それを同じ期間に午前10時から午後9時までに変更しろと求めるという。従わなかった場合の罰則については検討中。

自販機にそんな機能が備わっていることは知らなかった。僕が子供の頃は、夏はぬるいのが出てくることがよくあった。節電しながら最近はそういうことがない、というのは凄い技術なのかな、と思います。入れたばかりのものは冷えるまで販売中止になったりしてますけど。

それにしてもこの時間設定は、昼間はずーっと冷蔵止めろってことでしょ。それでぬるくなって売れなくなって自販機が減ることを狙ってるわけでしょ。それと身近なところで感じさせることによって原発ないと電力たりないなー、って思わせる狙いでしょ。やり口が汚い。
こういう、特定の業種を突然締め付けるのは酷い。内容もそうだけど、自分の価値観を押し付けて、反対の声を一笑に付して無理矢理何でも決めてしまうというところが許せない。こういうところを支持者に言わせると「実行力がある」ということになるわけだ。

しかし・・・「自分の家で冷やせばよい」だなんて・・・ほとんどが外で利用するものだろう。
posted by AKIRAND at 23:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

退避

諸事情ありまして、原発関連のややこしい話は別のブログに書くことにしました。
変なアドレスですが、よかったら見てください。
http://200mangaso.cocolog-nifty.com/fksm1gnpt/
名前も違う設定ですのでよろしく。
posted by AKIRAND at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

残念

いろいろ書いたけどもういいや…

初の都知事になるときから凄く嫌いな石原が再選したことが凄く残念ですが、それ以上に、投票率の低さがとても残念です。今回は注目されて投票率結構上がるかと期待したんだけど、57.80%って。残りの40%超の人たちは、なんでこんなに大切な権利を放棄してしまうのでしょうか…。その人たちの選択次第で結果を変えることも出来るのに。

東国原さんが言ってましたが、選挙をやってることを知らない人が多くて驚いたって。
posted by AKIRAND at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

黙らせたい者

記事書いてたら警報が。また大地震だ。阪神淡路よりマグニチュードがでかい余震なんて…
3/11に非常用発電機の重油タンクが津波で倒された女川原発は3系統の外部電源の内、2系統がダウンしたらしいが、残り1系統が死んだら女川もやばいことになるのか?
こうやって各地の原発の状態が即刻報道されていますが、普段はこんなことがあっても全く表に出ることはないのでしょうね。「安全神話」などと寝ぼけたこと言ってますが、神話は所詮人が創作したものですからね。


以下、書いていた記事


遂に、政府による「言論統制」が始まりました。


http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_01000023.html
総務省は、本日、電気通信事業者関係団体に対し、東日本大震災に係るインターネット上の流言飛語について、各団体所属の電気通信事業者等が表現の自由に配慮しつつ適切に対応するよう、周知及び必要な措置を講じることを要請しました。

加えて、震災の騒動の中、どさくさにまぎれて、通称「コンピュータ監視法」と言われる法律が国会に提出されたとか。


確かに地震直後から石油の雨が降るとか嘘の救助依頼とか、問題があったことは事実だ。
しかし、今回の要請は、意味が違う。

政府は、海外メディアにも「冷静に正しい情報を流せ」と依頼していることからわかるように、国内の大手メディア(テレビ・新聞)と違う報道をする者を排除しようとしている。

テレビでは、風評被害、風評被害、と連日話題に上ります。

風評被害ってなんでしょうか。

「怖い」

「信用できない」

そういう感想、感情すら「風評」と言われてしまいます。


しかし、いくらこのようなことになっても、日本は世襲の王制ではないし、独裁者がいるわけでもない。
常に国民によって選ばれた人によって政治が行われているのです。

つまり、国民の意思で、変えることは可能。


やはり、都知事は石原が有力だとか。



白痴か!



この都知事選が、ある意味日本の未来を表すと思う。
ここで石原再選となったら、それはこれからも原発を作る国を望むということ。
原発が嫌だと思っても、なぜか原発推進派に投票してしまうという謎。


こんな話があります。


Aさんが自宅敷地内でとある商売を始めようとした。
隣人Bさんが中心となって反対署名活動が行われた。
どういうわけかその署名が、Aさんのところにも廻ってきた。
Aさんは何も考えずに、署名した。

・・・・・・・・

これは近所で起きたことですが、とても日本らしい事件だと思います。

その後、Aさんは商売をなんとか始めますが、Bさんが地元の有力者の力を借り、大手のライバル店を誘致し、Aさんの商売を廃業に追いやることに成功しました。ライバル店も、今では撤退してしまいました。残されたのは、遺恨だけ。
posted by AKIRAND at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

迫り来る放射性物質と都知事選挙の恐怖。

今日は久々にちょっと大きい揺れを感じました。一時は収まりつつあった余震も、ここ数日、ちょっと大き目のが頻発している中、原発がとんでもない状態になっていますね。空中飛散は少ないが、海中に垂れ流し状態。
テレビに出続けている(最悪のケースを想定した人たちはテレビに出なくなった)、主に東大の教授たちは、口をそろえて「安全」だと言い張ります。東大医学部潤教授の中川恵一など、言ってることがめちゃくちゃ過ぎて後でチームが訂正するくらい。東大医学部と言えば、放射性物質を中庭に埋めてた人たちですからね…

フリージャーナリストの岩上安身さん(http://iwakamiyasumi.com/)が、連日行われる東京電力や原子力安全・保安院の記者会見を配信してくれてます。
"記者クラブの要望"により、東電と保安院の会見は、同時刻に別室で行われるそうです。時には首相の会見まで同時にやります。しかも、重大な発表はいつも深夜。その内容は生中継はおろか、翌日になってもTVのニュースにほとんど流れません。
さすがにやばいことに気付いたか、隠し通せないことに気付いたか、今日は結構ニュースになってました。平日と休日で違うのかな?


ちょっと心配し過ぎって言われるかもしれませんが、かなり憂鬱です。


外で普通に歩いてる人たちや子供たちを見かけると、ターミネーター2で公園の子供を見かけたサラ・コナーのような心境になってしまいます。
この日常は、もうすぐ終わるかもしれないんだなぁ…と。
子供たちに未来があるのだろうか…と。

そんな中、我々東京都民には、差し迫った重要課題、都知事選挙があります。
震災を"天罰"と言った現職の石原慎太郎は、こんな状況になっている中、堂々と自分は「原発推進論者」であると言い放っています。震災が"我欲に対する天罰"なら彼が無事なことに説明がつきません。
この2つの発言は、原発の是非以前に、こんな時に言ってしまうというところが、空気が読めないのか、それでも受かると馬鹿にしてるのかわかりませんが、実際それでも当選しそうで怖いです。

石原擁護の誰かが、「花見を犠牲にして被災地に都の仮説トイレを全部送ったことを知らせるべき」というようなことを呟いたのを副知事の猪瀬直樹がリツイートしてる。こんなことを誇るほど知事は普段何も役に立ってないのでしょうか。花見なんてものは自粛する必要は全くないが、あくまでも娯楽だ。それを被災者と比べるなんて、どんだけ偉いんだ都民は。


はぁ・・・


暗〜い気持ちでバスに乗り込み、ふと窓の外を見たら、道路にムクドリの首が落ちてました。
posted by AKIRAND at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

ひまわりと水と大切なこと。

地震以来、このブログには「放射能」「ひまわり」等の単語で辿り着く人が急増しています。
以前書いたこの記事のせいです。
加筆したので、よかったら見てみてください。

理由の解らない買いだめと流通の混乱により店に食料がないという事態も、少しずつ改善に向かっているように思えた東京ですが、東京の金町浄水場で放射性ヨウ素131が検出されたことで、今度は水パニックが起きています。
発表された直後からお店にペットボトルの水やお茶を求める人が殺到し、20分後には空になってしまった店もあるとの報道。2リットルのお茶を2ケース運んでる人を見かけました。

発表から3時間ほど後、通りすがりの自販機をふと見たら…

water1.jpg

water2.jpg

water3.jpg

水だけが売り切れ!
自販機にまで群がっていたのかー

うーむ・・・

どうやらこれは、普段は原発のことなど微塵も気にとめてないような人たちが、全然なんともないと思っている人と、過剰に恐れてる人との両極端に分かれたような感じがしますね。近所の人も、あわてて車で離れた所に水を汲みに走ったそうです。この人は、食料も買いだめしたらしい…

確かに、停電とか食べ物が少ないとかと比べると、水が危険ということの重大さはわかりますが、とにかくバタバタし過ぎです。もしかして、大量に買い込んだカップラーメンが食べられなくなると慌ててるのかしら。




さて




前回の記事に補足しますが、僕が怒りをぶつけているのは東京電力と、安易に「天災」と扱ってしまう人々に対してであり、現場で作業に当たっている自衛隊、警視庁、東京消防庁など、直接的には無関係の人たちは災難で、本当に感謝する面も大きいです。東京電力の社員はどの程度現場にいるのかわかりませんね。作業自体は下請けに任せてるのかもしれません。
消防庁は会見がありましたが、最も普段から命の危険に直面している彼らが、無事に帰れたことにあれほど安堵し、涙を流すというのは見ていて辛かったです。同時に原発が存在していることの罪の重さも感じます。
東京電力は、中越地震の後に、福島の設計上の危険性を外部から指摘されながらも見直さなかったし、地震の10日前の地元の新聞に、点検漏れが多数見つかったという記事が載っていたそうです。簡易点検しかしてないのにちゃんとやったことになってたり、中には11年も点検から漏れていた箇所もあったそうです。たとえ点検していたとしても今回の津波の前には歯が立たなかっただろうとは思いますが、存在自体がそもそも危険なので、何がどうなっていても、こうなってしまえば運営者の責任は非常に重い。

と、言っても、あんなものを電力会社が勝手にポンポン立てられるわけもなく、政府が絡んでいるわけだから、今、無責任に外から偉そうに言っている自民党の責任も大きいし、更には悪いことはみんな政治のせいにするくせに、ずーっと自民党に投票し続けてきた大多数の国民の責任も大きい。それなのに今の政府の対応が悪いとか隠蔽とか言って放射能被害を民主党の責任だと叩く人たちはもう何を考えてるのかわかりません。(今の政府に責任がないと言っているわけではありません)

この期に及んでまだ原発を安全だと思っている人。
大したことにならないと一生懸命主張する人。
東京電力を批判することを批判する人。

今、一進一退でなんとか留めているこの状況は、大きな範囲での地域住民に苦難を強いながら、現場の犠牲によって成り立っているということはわかってるはずだ。ここで原発の存在を批判しないということは「今後また事故があったら彼らはきっとまた止めに行ってくれる」という期待をしてることになる。


だから天災として扱っちゃ駄目なんだ。


今言うことではない、という意見があることもわかります。
しかし、沈静化してからでは、当事者以外は大変だったことを忘れてしまうんだ。
そういう国なんだ。
被曝の恐ろしさは、世界一知ってるはずなのに…
posted by AKIRAND at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

不謹慎と言われるかもしれないけど

いいかげんに「美談」を作り上げるのは止めようよ!

原子力発電所が大変なことになっている。

しかし、この状況を、不可避な地震が原因だから、

「誰が悪いということではない」

と言ってみたり、

「危険を顧みず休まず対策している現場の人々に頭が下がる」

と言ってみたり。


おい!

おい!


原発は、自然にそこにあったものではないんだ!

原発を建てた以上、人為的事故を絶対起こさないことは大前提だが、例えどんなに大きな災害に遭遇しても、例外なく絶対に事故を起こしてはならないとんでもなく危険なものなのだ。そして、それを建てた以上、どんなに危険でも関係者が責任を持って止めなきゃならないんだ。それが最低限の行動なのだ。

それなのに、テレビCMを初めとして、安全安全と"嘘"を吐き続けてきたのだ。

最近むやみに美談を作り上げることが多くて辟易してたが、ここまでとは・・・・・
posted by AKIRAND at 21:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東日本大震災

かなり揺れたが離れて暮らす家族共々、人も家も被害なし。

明日から輪番停電。
我地域は発表された2つのグループに属しており、当日停電がしてみないとどちらかわからず。

それより何より、原発が心配…
posted by AKIRAND at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。